Monthly Publishing Art Magazine
READING

12月25日

12月25日

12月25日。晴れ(希望)。

画面の前でじっと動かず何かを考えている男がいた。私だ。

とにかく気負わず書けるようにと設定したのにも関わらず「いつか誰かが読んだ時に笑える内容になっているかな」ばかり気にしてしまい結局書けずにいる。人間とは(主語を大きくしてごまかす)小さいものである。

あれっ。今日なんにもしてない・・・私!?

そんな環奈がよぎる中、本日も自習時間が取れず時が過ぎようとしている。

今日学んだことといえば、今使っているワードプレスの文字入力のやつが改行すると一行空いて、改行せず続けると自動で改行してくれて一行空かないというのを知った。

あとは、推しが結婚発表をした。

〈ここからはセンシティブな内容が含まれます〉

(センシティブってなんだろう。知らずに雰囲気で受け入れてきた言葉No1だけど。今度ググろう。)

推しが結婚するのはとても嬉しいことではあるのだが、奥の方でモヤモヤしている自分に出会うことができた。欠片も推しの人生に接触したこともないのに不思議なものである。アーティストならこういう気持ちを原動力に何か創作するのだろうけど、今は作りたいものがない。漠然と作りたいものが散らばっているがどうにも目先の忙しさに足をすくわれ身動き取れない状態である。3dモデル作りたい、スクリプト勉強したい、絵を描きたい、Aeであのことやりたい、Aiであれできないかな・・・と。そんな中推しはいろいろ夢を叶えていきすごいな。そのために努力を幾重にも重ねてきたんだろう。僕も見習わなくてはならない。ありがとう推しお幸せに。

そういえばだが2つほど1つ思いついた研究があった。

一つは「サンタさんとしてのプレゼント、自分の分(親の分)も買えばいい」という研究である。皆さんはいい大人なのでサンタさん側の組織の人であるだろう。そして、サンタ探しの容疑者に入れられる。この容疑者から外れるための証拠として「自分にもサンタさんがきた」と言えるのである。※実験中なので実験は後日公開することにする。

今後は自習をもっと増やさなければ。そう心に浅く浅く刻むのであった。